キッチン

ソーダストリームで強炭酸ハイボール!(とレモネード)

かわ夫(@kawaofukumi)です。

前回、ソーダストリームについての記事を書きましたが、

具体的に我が家でどう使っているのか、レシピと共にご紹介します。

前回の記事はコチラ

用途

ハイボールとして

写真はイメージです

我が家では、ハイボールに使うことが一番多いです。

ウイスキー(角が好きです)を業務用のペットボトルで購入し、ちびちび晩酌をするのが楽しいですね。

シロップを入れて

普段お酒は飲みません!という方におすすめなのは、別途購入できる専用シロップを入れる飲み方です。

コーラやジンジャーエールのように味がついているものから、レモン、オレンジなどのフレーバーだけを入れるもの、様々なシロップが別売で購入できます。

オリジナルシロップも!

写真はイメージです

市販のものだけでなく、自分でシロップ的なものを作ることだって出来ちゃいます!

我が家でよくやっている飲み方は、ずばりレモネードです。

かわ夫
なんかレモネードって昔から好きなんよね

記事を書くにあたり、レモネードについて調べたところ、

一般的には

レモネード(lemonade)は、レモンの果汁に蜂蜜やシロップ、砂糖などで甘味をつけて冷水で割ったエード。

wikipediaより

とのことで、

炭酸が入ると、レモンスカッシュ、というみたいですね、、、

30ウン年間、ずっとレモンスカッシュをレモネードだと思って生きてきました。

と、いうことで、レモネード改めレモンスカッシュですが、

作り方はめちゃくちゃ簡単です。

  • 炭酸:適量
  • レモン果汁(スーパーで売っている料理用でOK):適量
  • ガムシロップ:適量

これをコップの中で混ぜるだけです。

レモン果汁は生のレモンを絞る必要はなく、お料理に使うような市販の普通のレモン果汁で問題ありません。

ガムシロップは、勝手にこだわっており、我が家ではこれを使っています。

(コーヒーにも入れたりもします。)

コチラです。

¥1,755 (2022/03/27 16:43時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
PayPayモール

普通のガムシロップと違い、人工甘味料は一切使われておらず。100%サトウキビで精製されています。

これを使ってからは、普通のポーションのガムシロップが「人工的な味がするな...」と思ってしまって、飲めなくなるほど、これは自然な甘さがします。

話がそれましたが、

1、ガムシロップとレモン果汁をコップに注ぐ

2、その上から直接炭酸水を注ぐ

3、お好みで氷など入れて召し上がれ

これだけでレモンスカッシュが出来上がります。めちゃくちゃ美味しいです。

お米を炊く

「炭酸水でお米を炊くとおいしくなる」というのは一度は聞いたことあると思います。

我が家ではやったことがないので、感想をお伝えすることはできませんが、、、

炭酸に含まれる気泡が米粒の間に入り込み、一粒一粒がふっくら炊き上がる、ようです。

これをペットボトルの炭酸水でやろうとするとお金がかかってしまって大変ですが、ソーダストリームならやりたい放題です。

ガスシリンダーについて

ソーダストリームは専用のガスシリンダーを使用する必要があります。

値段

初回はスターターキットなどでまとめて購入されるのがおすすめなので、

最初からついていますが、シリンダーが空になったら新しいものを購入する必要があります。

新規購入用では1本3703円、2本セットで5940円となっていますが(スターターキットには含まれてますので別途購入の必要はありません)、

交換用であれば、少しお得に購入することができます。

※交換用は、使用済みのガスシリンダーとの交換となります。

交換できる店舗

お近くの家電量販店でソーダストリームを販売していたら、基本的に交換可能です。

近くに家電量販店なんてないよ!という方は公式サイトからインターネット経由でも可能です。

交換の目安

60Lのボンベは、そのまま60L分の炭酸水が作れますので、

500ml x 120回の計算になります。

ハイボールであれば1杯あたり150ml程度の炭酸水を使用するので、

約400杯分作ることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

使い方次第で炭酸水も様々な用途で使うことができます。

そのためには安く炭酸をいっぱい使えるソーダストリームが欠かせません!シュワシュワ



ブログ村でも応援お願いいたします♪
かわ夫とふく美 - にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かわ夫


かわ夫。30代。都内某HR企業でマーケティングをしています。
趣味:ゲーム、バラエティ番組鑑賞、猫カフェ巡り、自転車

-キッチン